HOME > 半蔵日記

半蔵日記

スタッフの一員だにゃん!

最近半蔵君はスタッフの皆がお仕事中、にゃ〜と鳴く事が少し多いです。
お昼休みや仕事終わりにねこじゃらしで遊んでもらえる分、仕事中はちょっと暇なのかもしれません。
そんな半蔵君に、スタッフの方が抱っこして「どうしたの〜」と膝の上に座らせました。
すると丁度目の前にあったパソコンの上にチョコンと前足を置く半蔵君。
私は慌ててカメラを取り出して、パシャッと一枚。まるで立派な会社員の様でした。

(2014-08-02)

半蔵君の片思い

最近の半蔵君は、先週ブログに書きました例の羽根つき猫じゃらしに夢中です。
人が持って歩けば後ろをトテトテとついて行き、届きそうな所に置かれればジャンプをし、取れないだろう棚の上に置いても写真の通り、ソファの上にのって乗り出す様にして取ろうとしてきます。まるで猫じゃらしに熱烈な片思いをしているみたいで見ていて面白いです。
猫じゃらしを持って「遊ぶ?」と聞くとにゃーんと鳴いてしまう程大好きな模様。

(2014-07-26)

ジャーンプ!

先日、半蔵君に猫じゃらしの差し入れがありました。
緑と紫の羽と銀テープがついたものなのですが、半蔵君はそれが凄く気に入ったようで、いつもより食いつきが良かったり、棚の上に置いても登って取ろうとしたりと思った以上の執着を見せています。
今日、スタッフの方がソレをカウンターに置いてみた所、ピョーンッと大きくジャンプをして猫じゃらしを掴んでいました。半蔵君にしてはとても大きなジャンプでとても驚きました。

(2014-07-19)

美味しそうだにゃ!

半蔵君はお魚が大好きです。
特にサンマが大好きなんだそうで、たまにお昼の時間にスタッフの方からサンマを貰っています。
今回のお昼はお刺身でした。テーブルの上にお刺身を置かれてジィ〜っとみる半蔵君。パクッと急に食いついたり、テーブルに乗ったりなんて事はしないので、とてもお利口さんです。
この後、少しだけお裾分けを貰って満足そうに食べていました。

(2014-07-12)

「猫の額」

意味:場所の狭い事のたとえ。
今日、悪ふざけでソ〜ッと私のかけている眼鏡を乗せてみました。微動だにしない半蔵君に私はテンションがあがりつつパシャっと一枚。
半蔵君はあまり服や帽子などつけるのが好きではないそうで、本当偶然に撮ることができた一枚です。(撮った瞬間頭を振って落としてしまい、その後つける事は出来ませんでした)
眼鏡はどうも猫の額には大きすぎた様で、言葉の通り猫の額は狭いなぁと思いました。

(2014-07-05)

家政婦は…

見た…!!な一枚。
半蔵君はとあるスタッフさんがお気に入りです。
構ってもらいたいのか、いつも仕事終りにやるタイムカードの『ピッ』『ガシャン』と言う音を聞くと、「あーそーぼー!」とでも言うようにタタタッとタイムカードの所までお出迎えに行きます。
たまに人を間違えて手前までくると、チラ、チラッとコピー機越しにこちらを覗いてきます。私はお出迎えして貰えるまでまだまだ…?そんな一枚でした。

(2014-06-28)

カミキリムシ。

夕暮れの事。にゃ〜という声とカリカリという音が私の耳に届きました。
何だろう?と私やスタッフの方で音のした方…入口を覗き込むと、外にカミキリムシが一匹。
扉の反対側に進んで行くカミキリムシをジ〜と眺める半蔵君。1m離れても扉に張り付いている様子にスタッフの方が窓にペタリとつけてくれました。
カミキリムシは5分程経った後に飛んで行ってしまいましたが30分経っても外を眺めて扉から離れない半蔵君でした。

(2014-06-21)

うぉっとっと…

寝ている時も、隠れてる時もねこじゃらしの音に反応してしまう程ねこじゃらしに夢中な半蔵さん。
ヒョイっ…ヒョイッと動くねこじゃらしを必死に捕まえようとしてソファからズルズルズル〜…と落ちてしまいました。
ご本人(猫?)も驚いたようで、「うぉっとっと…」とでも言っているような半蔵さんのパチクリ顔はちょっと新鮮です。

(2014-06-14)

代理

今日は社長が1日中お店に居ないので半蔵さんが代理を務めています。

といってもずっと寝ているだけというのは禁句です。私も写真を撮っても一瞬起きただけでまたすぐに眠ってしまいました。(笑)

最近寝ている半蔵さんしか撮ってないような気がします。今度は動いている所を撮れたらいいなと思います。

(2014-05-24)

お休み中

最近半蔵さんが寝ている所しか見た事がないのは気のせいでしょうか。

寒い時期は小屋に入って寝ているのですが、気温がちょうど良いのでソファーで寝ています。たまに変な寝相の時もあるので目が離せません。

(2014-05-21)